土地の維持費は馬鹿にはできない

土地というものなのですが、意外に維持費が掛かってしまうものというのは知られていないかもしれません。一種の固定資産扱いをされるので、地価に応じた税金を地方に納める必要が出てきます。ですので下手に遊ばせておくのは非常にもったいないものなのですが、その土地を有効活用するためのものを建築するといいますのも、追加で莫大なお金が必要となってきます。この事から土地を売りたいと考える地主の方は、近年増えているのだそうです。

土地を売りたいと考えても、なかなかうまくいくものではありません。不動産物件は高額な取引になる以上、買い手も慎重に土地の将来性について吟味をしてくるはずです。加えて、先ほど説明した土地の維持費についても買い手側も十分に熟知をしています。土地を持っていれば、もしもの時、換金が出来ると言われているのですが、実際に売りたいと考えてもこのような事情から買い手付かずの状態で資産が食い潰される場合もあり注意が必要です。

土地の売却なのですが、餅は餅屋という言葉があるように、不動産会社の協力を要請してもうと買い手付かずは防げるかと思います。不動産会社の紹介する土地はいろいろな方面から注目が集まってくるので、宣伝効果で売れ残るリスクが低いのです。

This entry was posted in 不動産一般. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>